「京都吟行句会報」(第88号)

0
     ​
     京都吟行句会

       ☆7月4日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は近江神社。
         小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。
     
    ★ 田島和生主宰 後日選 (◎は特選)
     
     ◎ 本殿の垣に長々蛇の衣          沢田清子
     
     ◎ 滴りは時のはじまり水時計        吉田 猛
      
      青葉闇句碑へ一縷の光さし        柴田恵美子
      祓所の紙垂は揺るがず青葉闇      安藤えいじ
      涼風の丹塗り回廊吹き抜けし       沢田清子
      水音や神に仕ふる草取女         柴田恵美子
      羅の巫女の黒髪風に揺れ         柴田恵美子
      夏落葉参道歩く大鴉             大前美智子
      もりあをがへる漏刻の辺の木陰かな   小谷廣子
      栗の実の形の茅の輪くぐりけり      一村葵生
      漏刻の水飛ぶ池畔捩れ花         小谷廣子
      御神体の山の初蝉聞きゐたり       竹内悦子
      山風に合歓の大枝揺れにけり       大前美智子
       大鳥居前を旋回夏燕             大前美智子
      涼風や赤子抱かれ宮参り         熊村あけみ
      神宮に槌音ひびく梅雨晴間        小谷廣子
      翻る巫女の緋袴風涼し            田子カンナ
      宮参り赤子のくぐる茅の輪かな      小谷廣子
      神宮の背は万緑鳥の声          藤田侃也
      ほの暗き神殿の奥扇風機         安藤えいじ
      青銅の古代の時計灼けゐたり      柴田恵美子
      幣下がる車寄せなり竹落葉        熊村あけみ
      うす暗き杜の茂りや鳥の声        居相みな子
      山梔子の香のただよひて水時計     居相みな子
      若き禰宜祝詞終りて玉の汗        沢田清子
      紅白のひもにおみくじ薄暑光       熊村あけみ
      漏刻の池に山梔子香りけり        大前美智子
      笏持ちて神宮歩む青葉闇         大前美智子


     【次回京都吟行句会予定】
     
       日  時       8月1日(月) 10時半

       集合地   広隆寺 楼門前
        
     
     美山かやぶきの里(撮影:北嶋八重さん)
    かやぶきの里.JPG

     
    美山.JPG

     
    2美山.JPG

     
    美山3.JPG

     

    「京都吟行句会報」(第87号)

    0
       
       京都吟行句会
       
         ☆6月6日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は黄檗山萬福寺。
             小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。
       

      ★ 田島和生主宰 後日選 (◎は特選)
       
       ◎ 山門を入れば散り飛ぶ青松葉          安藤えいじ
       
       ◎ 勾欄(こうらん)の卍字くづしへ山の蟻  小谷廣子
        
        法堂の丸窓に見る松涼し         藤田侃也
        菩提樹の幹に花咲く瘤連ね       居相みな子
        抽んでて蕾二輪や鉢の蓮        大前美智子
        梅雨晴の光を返し布袋像         熊村あけみ
        樫の木に登り枝打つ萬福寺       大前美智子
        大寺の開 (かいぱん)かすめ夏つばめ 小谷廣子
        境内のところどころに蓮の揺れ     安藤えいじ
        扁額の隠元の書や緑さす        小谷廣子
        隠元の廟や老鶯鳴きつづけ       居相みな子
        蓮の葉の揺れて水玉ことにゆれ     一村葵生
        そよ風の抜けて涼しき大伽藍      藤田侃也
        開(かいぱん)の鱗の欠けて夏の風 居相みな子
        山の日にきらきら光るあめんばう    柴田恵美子
        扁額の剥落しるき沙羅の花       田子カンナ
        夏山を背に森閑と萬福寺         藤田侃也
        本堂へ参道真つ直ぐ桜の実        藤田侃也
        老鶯の鳴ける寿塔の背山かな      大前美智子
        菩提樹の花の盛りの香りかな      柴田恵美子
            滑らかに老鶯の声放ちけり       一村葵生
        うす暗き堂に尊者や若葉冷       熊村あけみ
        禅僧の言の葉聞きて涼しさよ      柴田恵美子
        切株に育つ実生の青楓         居相みな子
        梅雨旱うろこの欠けし大魚板      柴田恵美子
        回廊へ隠元豆の蔓の伸び         沢田清子
        大いなる布袋の腹へ緑さす       小谷廣子
        南天の花のこぼれて羽音かな      熊村あけみ
        
       
      【次回京都吟行句会予定】

        日  時       7月4日(月) 10時半
       
        集合地   近江神宮 楼門前
          
        吟行地   近江神宮界隈     

       
      北嶋八重さんが、梅雨晴間の萬福寺の写真をお送りくださいました。
      以下にご紹介します。

       
      萬福寺三門.JPG
       萬福寺三門
       
      開山堂.JPG
       開山堂
       
      天王殿.JPG
       天王殿
       
      回廊.jpg
       回 廊
       
      卍くずしの勾欄.JPG
       卍くずしの勾欄
       
      「卍くずし」という名前も然ることながら、デザインが何とも奇抜で面白い!
       
      さすが、中国出身の隠元さんのお寺ですね。
       
      八重さん、ありがとうございました。

       

      「京都吟行句会報」(第86号)

      0
         
         京都吟行句会

          ☆5月2日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は松尾大社。
              小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。
         
        ★ 田島和生主宰 後日選 (◎は特選)

        ◎ 黒揚羽枯山水の波に舞ひ                古澤厚子

          岩登る鯉の置物夏近し             藤田侃也
          大岩に天狗面(づら)あり春うらら      安藤えいじ
          鯉の口大きく開き楠落葉           馬場千香子
          神苑の橋や群れ飛ぶ蝶黒き         一村葵生
          男神凛々しき顔に緑さす            田子カンナ
          細き滝神の背山にひびきけり         居相みな子
          日の透きて楓大樹の若葉かな        藤田侃也
          ちゆばちゆばと岸の苔食ふ緋鯉かな   一村葵生
          花冷や顔に罅入る女神像          小谷廣子
          椎若葉酒交杯てふ地酒酌む         田子カンナ
          色鯉や水面の浮葉呑みて吐き       一 村葵生
          巣作りの鴉のさはぐ大樹かな        小谷廣子
         
         
        【次回京都吟行句会予定】

         日  時      6月6日(月)10時半

         集合地      黄檗山萬福寺総門
               (JR黄檗、京阪黄檗いずれも徒歩約3〜5分)

         吟行地      黄檗山萬福寺


         
        oyoyo.jpg
        葵祭(賀茂祭)  腰輿(およよ)に乗る斎王代

         

        「京都吟行句会報」(第85号)

        0

            京都吟行句会
           
            ☆4月4日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は京都植物園。
               小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。

           
          ★ 田島和生主宰 後日選 (◎は特選)
           
            ◎ 鳴り渡る正午の時報花の雲                大西トヨ子
           
              苔覆ふ古株に咲き花菫                       大前美智子
            名を知らぬ花を手折りて春惜しむ      田子カンナ
            さみどりの雨滴かがやき柳の芽         小谷廣子
            チューリップ散る一片の重きかな      安藤えいじ
            枝先へ雨粒連ね楓の芽           大前美智子
            婉然と笑まふ花嫁花の影          一村葵生
            老木に取り付く蔓や春浅し         熊村あけみ
            魚跳ぬるかすかな波や楓の芽       熊村あけみ
            花冷や森のカフェーの椅子固き       小谷廣子
            花楓雨の雫のきらきらと          竹内悦子
            芽楓や瑞枝のひかる雨滴かな       小谷廣子
            土堤を行く靴跡あまた花疲れ       川端通代
            囀や小暗き池に枝の影           居相みな子
            枝垂桜触るれば肩に雨の粒        古澤厚子
            のどけきやそぞろ歩きの森の道       柴田恵美子
            切株によりそひ咲けり坪菫         田子カンナ
            鳥飛んで枝垂桜をくぐりけり        藤田侃也
            門出へと新郎新婦花の雨           田子カンナ
            春うらら水琴窟の音の澄み         大西トヨ子
            池の面へ角の如きや菖蒲の芽       藤田侃也
            音もなく花から花へ蝶舞へり       古澤厚子

           
          【次回京都吟行句会予定】 
           
           日  時      5月2日(月)10時半
           
           集合地      松尾大社楼門(阪急松尾大社駅下車約150叩
           
           吟行地      松尾大社


          koudaiji.jpg
          京都東山 高台寺
           

          「京都吟行句会報」(第84号)

          0

              京都吟行句会 

             ☆3月7日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は西本願寺。
                小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。

            ★ 田島和生主宰 選 (◎は特選)

            ◎ 大寺の高きに巣組はじまれり              小谷廣子

            ◎ 伸びやかに四方八方銀杏の芽             安藤えいじ

            ◎ 大銀杏芽吹き初めたる本願寺              竹内悦子

            彫刻の唐門へ立つ松の芯                     柴田恵美子
            杉苔に花びらの紅枝垂れ梅                  大西トヨ子
            水温む手洗舎に子が手を洗ひ               大前美智子
            如月の回廊へさす薄日かな                  柴田恵美子
            蔀戸を春風に上げ御影堂                     田子カンナ
            御影堂四百の畳凍返る                       小谷廣子
            春灯尚ほの暗き阿弥陀仏                    居相みな子
            見てゐてね親鸞さまと卒業歌               田子カンナ
            御影堂僧二百人座して春                    藤田侃也
            唐門の彫の色褪せ春曇                      大前美智子
            雲低く上枝に一つ古巣かな                  大西トヨ子
            春障子読経の唱和朗々と                    一村葵生
            天水を支え踏ん張る鬼に春                  藤田侃也
            春を待つ銀杏の四方へ枝広げ              藤田侃也
            茅屋根のそびらにタワー長閑なり         大西トヨ子
            本尊に一礼をして卒業歌                     田子カンナ
            さらはるるごと紅梅の風に散り             一村葵生
            み仏を拝む園児やあたたかし               柴田恵美子
            卒園の声明(さや)かなり御影堂          安藤えいじ
            唐門の閂太し風光る                          大西トヨ子
            唐門に金箔の獅子冴返る                   小谷廣子
            御仏を背に腰下ろす春日かな              居相みな子
            八方へ広がる銀杏芽吹きけり              柴田恵美子
            唐門を彩る獅子やうららけし                安藤えいじ

             
            【次回京都吟行句会予定】  

            日  時      4月4日(月)10時半

            集合地      京都植物園 北山門

            吟行地      京都植物園と賀茂川


            西本願寺唐門.jpg
            西本願寺 唐門(撮影:北嶋八重さん)
             

            「京都吟行句会報」(第83号)

            0

               ☆2月1日(火)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は金閣寺。
                  小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。


              ★ 田島和生主宰 選 (◎は特選)

              ◎ 鳳凰のまひあがりさう冬うらら              安藤えいじ

              ◎ 舎利殿の金のきらめき龍の玉              柴田恵美子


              大寺に一字写経や寒椿                            小谷廣子
              頭寄せ動かず冬の池の鯉                         大前美智子
              金閣の鳳凰凛と寒風に                            竹内悦子
              炎上のまぼろし寒の金閣寺                      一村葵生
              金閣の池に映りて鴨泳ぐ                         大前美智子
              藁ぶきの茶室の屋根や名草の芽               古澤厚子
              着ぶくれて異国の人も金閣寺                   竹内悦子
              金閣寺垣に馬酔木の花咲けり                   小谷廣子
              苔を這ふ走り根長き冬木かな                   大西トヨ子
              金閣寺真上に鳴いて寒鴉                        小谷廣子
              金閣を映すさざなみ寒の水                      小谷廣子
              踏ん張りて絣の女落葉掻く                      大西トヨ子
              大寒の金の舎利閣神々し                        安藤えいじ
              鏡湖に大きな水輪寒の鯉                        古澤厚子
              枯木立細かき枝を空に張り                      居相みな子
              寒の鯉群れて大きな影をなし                   藤田侃也
              舎利殿の鴟尾に羽ばたき寒鴉                  居相みな子
              石櫧(いちがし)の木の根元の洞や冬深し  安藤えいじ
              金閣を逆さに揺らす寒の池                      居相みな子
              杉苔に万両零れ結界地                          古澤厚子
              金閣の光る鳳凰寒鴉                             一村葵生
              小流れや万両の実の赤く揺れ                  大前美智子
              築山の岩に寄り来る番鴨                        居相みな子

               
              【次回吟行句会予定】  

              日  時       3月7日(月)10時半

              集合地      西本願寺 御影堂門

              吟行地      西本願寺(境内無料)


              shokokuji2.jpg
              相国寺 養源院
               

              「京都吟行句会報」(第82号)

              0

                 ☆1月5日(火)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は京都市動物園。
                    小谷廣子さんから句会報が送られてきましたのでご紹介します。


                  虎の目にわが顔映る寒日和          田島和生

                  ライオンのこゑ鬱々と枯木空        田島和生


                ★ 田島和生主宰 選 (◎は特選)

                ◎ 猿小屋の猿と目の合ふ御慶かな     柴田恵美子

                ◎ 固さうな象の睫毛に冬日差す       安藤えいじ

                ◎ 冬ぬくし象の大きな糞こぼす       居相みな子

                ◎ キリンの目黒々として冬芽食む    大前美智子

                寒空や胸を叩いてゴリラ吼ゆ           安藤えいじ
                冬日射す孔雀の胸の瑠璃光る          居相みな子
                桜冬芽かぶさるインクラインかな      小谷廣子
                背合せに番のライオン冬ぬくし        馬場千賀子
                お猿さんと呼ぶ女の子冬帽子          大前美智子
                寒空や京都生まれの獅子吼ゆる       熊村あけみ
                寒の入綱を揺さぶる大ゴリラ           柴田恵美子
                飛ぶ鳥に歩く鳥をり冬の苑             熊村あけみ
                冬旱象の踏みゆく砂けむり             柴田恵美子
                冬晴やぶらり逆さの尾巻猿             安藤えいじ
                凍土に転がる象の大き糞               小谷廣子
                フラミンゴ足は林立冬桜                藤田侃也
                ライオンのぐいと睨みし淑気かな     藤田侃也
                冬うらら園舎の虎の大あくび          沢田清子
                傷つきし鴨ちんまりと水禽舎          小谷廣子
                綱ゆらすゴリラを仰ぎ御慶かな       田子カンナ
                冬日浴び高き所にきつね猿            大前美智子


                【次回句会予定】  

                日 時       2月1日(月)10時半

                集合地      金閣寺参道 総門前

                吟行地      鹿苑寺


                田島主宰が今回の吟行地、京都市動物園で撮られた写真をお送りくださいました。
                写真のコメントはいずれも田島先生によるものです。

                zou1.JPG
                象がプールで泳ぎ、観客に前足を掛けて見せるなど大サービス。
                皆さん大喜びでしたよ。

                zou2.JPG
                象の親子が仲良くプールに入るところです。

                サービス精神旺盛な象ですね。
                お客さんたちのお祝いムードが彼らにも伝わったのかも。

                田島先生、ありがとうございました。
                 

                「京都吟行句会報」(第75号)

                0


                   ☆6月1日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は三室
                  戸寺。
                      阪上元さんから句会報が送られてきましたのでご紹介します。


                   
                  ★ 田島和生主宰 後日選 (◎特選) 

                   

                  ◎観音へ万緑の嶺へ鐘一打      大西トヨ子


                   蓮の葉を揺らす風出で鐘の音     大前美智子
                   夏帽子脱ぎ観音に手を合はす     大前美智子
                   本堂へ長き参道木下闇         居相みな子
                   老鴬の谷狭ければ声ハモる      阪上 元
                   山風や蓮の大き葉揺れやまず    小谷廣子
                   手毬花磴百段の札所かな       大西トヨ子
                   夏萩の濃き紅垂るる築地垣      居相みな子
                   三重塔や背山の緑さす         藤田侃也
                   遠山のうるみてゐたり早苗月     柴田恵美子
                   鉢の蓮巻葉青葉の揺れ通し     大西トヨ子
                   駅頭は宇治の新茶のにほひけり   竹内悦子
                   三重の朱の塔囲む青楓         大前美智子
                   鐘の音や蓮の大葉のひるがえり   小谷廣子
                   前山の杉の匂ふや夏座敷       川端通代
                   釣り人に卯月の波の逆巻けり     柴田恵美子
                   鐘の音や老鴬四方に鳴きしきる    阪上 元
                   紫陽花の毬の小振りに札所寺    小谷廣子
                   万緑を少女の腿(もも)のあらわなる  柴田恵美子
                   鐘楼の柱に継ぎ目青楓         大前美智子
                   辿り着き観音堂の風涼し        居相みな子
                   抽んでて蓮の蕾のくれなゐに     小谷廣子


                   

                  ★ 吟行ひと言メモ   阪上 元

                     JR宇治駅からタクシーに分乗して10分、三室戸寺の山門前に
                  到着。いつにない好天で心地のよい風が吹いている。ウグイスの声の降る参道の坂を上れば汗ばむほどである。西国三十三か所第十番の札所である。「あじさい寺」と称され一万株といわれるアジサイ園は公開の初日であるが、花の方はまだ三分咲きというところか。境内には初夏の花々が咲き、本堂の前にずらりと並べられた鉢植えの蓮に見入る人もいる。山内は万緑に包まれ、山峡の青葉若葉のみどりが陽に輝って眩しい。遠くに宇治の町が見える。ウグイスの声は春先より大きく明瞭である。老鴬ともなれば鳴き方もベテランである。谷間に協和するような声にしばし聞き入る。ぼちぼち蛍の飛ぶ季節がくる。峡の寺の夜景を想像してみる。   

                   


                  【次回句会予定】  

                   ‘ 時   7月6日(月) 10時半

                   吟行地   出町柳界隈

                   


                  今月は、貴重な梅雨の晴れ間の吟行会だったのですね。

                  コメントの新鮮な描写から、遠景も近景も目に見えるようです。


                  元さん、ありがとうございました!

                   

                  hanashobu.jpg
                    花菖蒲 (平安神宮 神苑)
                                


                      


                  「京都吟行句会報」(第74号)

                  0


                     ☆5月4日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は梅宮
                    大社。
                        阪上元さんから句会報が送られてきましたのでご紹介します。


                     

                    ★ 田島和生主宰 後日選 (◎特選) 

                     

                    ◎藤房のそよともゆれずこぬか雨     田子カンナ


                    ◎神苑の藪に鳴きけり赤蛙         安藤えいじ


                     梅の実を葉隠れにつと見つけたり    柴田恵美子
                     夏来る池の緋鯉の水尾広し       一村葵生
                     池畔まで青梅まろぶ小糠雨       小谷廣子
                     境界の彩り雨の躑躅かな         阪上元
                     万緑や鳥の鳴き合ふ神の杜      居相みな子
                     浮島の霧島つつじ盛りなり         柴田恵美子
                     黄菖蒲へ土橋を鯉のくぐり行き      柴田恵美子
                     ほの暗き池の奥より蛙鳴く        小谷廣子
                     昨夜の雨ためゐし牡丹崩れけり    小谷廣子
                     蔦の芽に一粒光る昨夜の雨      藤田侃也
                     行く春の山へひびけり宮太鼓      柴田恵美子
                     大き泡残し緋鯉のひるがへり      小谷廣子
                     紫陽花の早に咲きたる木蔭かな    藤田侃也
                     木々の香を深く吸ひこみ春惜しむ    柴田恵美子
                     雨上がり柵の綱這ふかたつむり    居相みな子 
                     水切りて鯉の勢ひ蕗の雨         阪上元


                     

                    ★ 吟行ひと言メモ   阪上 元
                       京都駅からガタガタ揺られてずいぶん北へ来たように思う。いつもギリギリでえいじさんを待たせるので、今回は一番乗りした。杉子さんのお世話なのだが、京都のどの辺りか地理がよくわからない。知る人ぞ知る梅宮大社は酒造りの神、子宝の神、学芸の神として霊験あらたかな社らしい。子宝を願う夫婦が祈祷を受けていた。
                      神苑に入るや菖蒲池(咲耶池)にぽつぽつと雨の輪が広がりだした
                    。池の鯉は勢いづき、杜若、菖蒲、躑躅、紫陽花、椿と雨に咲き競う。梅苑では小さな実梅がたくさん成っていた。潅木の躑躅が喬木化してトンネルをなしていたり、なんじゃもんじゃの木が白い花をつけていたりと珍しい。こうも初夏の花々が入り乱れ咲くと句材が多くどうも目移りして焦点が定まらない。
                     句会は、桂川の畔の食事処の二階である。対岸の山若葉の濃淡が、もこ
                    もこと明るかった。

                     


                    【次回句会予定】 

                     

                     ‘ 時   6月1日(月) 10時半

                     吟行地   三室戸寺

                     6膕饐   宇治市民会館

                     

                     

                    今月も雨の吟行会だったのですね。
                    でも、元さんのコメントから、雨
                    に咲き競う初夏の花々の美しさが伝わってきます。


                    元さん、ありがとうございました! 



                    今月は田島主宰が、ご邸宅の「庭の花たち」の写真とコメントを送っ
                    てくださいました。
                    以下にご紹介します。


                    「庭の花たち」
                     庭の花がきれいなので、三種類だけ撮りました。「狭いながらも楽しい我が庭」と言いたげに、次々と花が咲いています。14,5年前に植えた牡丹は去年、一つも咲かなかったが、今年はやっと2つ咲き、ほっとしました。冬場はぼろぼろの葉だった海老根も白い花を咲かせ、君子蘭も鮮やかです。
                    (田島和生)


                    牡丹.jpg


                    海老根.jpg


                    君子蘭.jpg


                    色鮮やかな「君子蘭」も素敵ですが、「牡丹」の淡いピンクもいいですね。
                    また「海老根」は、素朴な味わいのある花ですね。


                    田島先生、ありがとうございました!


                    「京都吟行句会報」(第73号)

                    0


                       ☆4月6日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は洛北の常照寺。
                          阪上元さんから句会報が送られてきましたのでご紹介します。

                       

                      ★ 田島和生主宰 後日選(◎特選) 


                       
                      ◎剪定の枝とぶ吉野太夫墓         小谷廣子


                      ◎小糠雨一人静に苔厚し           田子カンナ


                      ◎結界の青竹に散る残花かな       柴田恵美子


                       花人に抹香つよき御堂かな        阪上 元
                       打掛を茶室に飾る花明り          柴田恵美子
                       鶯や太夫の墓の供華の枯れ       田子カンナ
                       一片の肩にのりたる花衣          柴田恵美子
                       枝先に雨粒揺るる楓の芽         藤田侃也
                       雨孕み蘂反り返す躑躅かな        阪上 元
                       御手洗の土台の隙の菫濃し       居相みな子
                       山門をくぐれば花の吹雪かな       柴田恵美子
                       裾綿の厚き打掛落椿            田子カンナ
                       雨打てる甍の艶や竹の秋        大西トヨ子
                       花楓瑞枝に光る雨しづく           小谷廣子
                       苔覆ふ瘤より咲けり老桜          阪上 元
                       山門へ道のゆるやか桜咲く        大前美智子
                       草取の作務衣の僧や木の芽雨    川端通代
                       一粒の雨滴に新芽透きにけり      林 杉子
                       山門へ落花の中を誘はれ         田子カンナ
                       結界の青竹太し花の雨           田子カンナ


                       

                      ★ 吟行ひと言メモ   阪上 元

                       喧騒を少し離れた洛北の地、鷹峯三山の麓の常照寺。江戸初期、日蓮宗の学寮として賑わったと言う。また才色兼備の名妓、吉野太夫ゆかりの寺でもある。満開の桜が折からの雨にうたれしっとりと濡れていた。苔庭の美しい寺である。
                       山吹、躑躅、楓などが芽吹き初め、霞
                      ならぬ天霧のこめる藪に筍がのぞく。やがての新緑の季を予感させた

                       


                      【次回句会予定】 


                       ‘ 時   5月4日(月) 10時半

                       吟行地   梅宮大社

                       6膕饐   お食事処みずき二階


                       

                      満開の桜に、楓や躑躅の芽吹き、そこへ雨が降りそそぐ
                      ・・晩春の雨の日ならではの素敵な句がいっぱいですね。

                      元さん、ありがとうございました!



                      murinan2.jpg
                       無鄰菴 庭園

                       


                      リンク
                      プロフィール
                      カレンダー
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      最新の記事
                      カテゴリー
                      月別更新一覧
                      コメント
                      サイト内検索
                      others
                      携帯用QRコード
                      qrcode