<< 1月9日「京都あけぼの句会」 | main | 「関西句会」(第159回) >>

1月16日(土)「雉 明石句会」

0

     ☆1月16日(土)明石公園会議室において「明石句会」が行われました。  
        古澤厚子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。

     ☆中野はつえ特選
     
      寒鴉鳴きつつ渡る被爆川            柴田恵美子
     
      それぞれの一病かかえ女正月      中野はつえ
      夜咄や熱き鯛焼き配らるる        中野はつえ
      ぜんざいを仏と分かち女正月       柴田恵美子
      被爆児の焦げし制服冬ざるる       柴田恵美子
      寒波来る土間に華やぐ鉢の数      古澤厚子
      母の忌の円かにかかる冬の虹      古澤厚子
      大とんど下弦の月へ火の粉飛ぶ   藤原幸子
      北海の風吹きつけて寒波来る       藤原幸子
      毛糸帽目深に重機操れり            大西トヨ子
      幼子の挙げる双手へ餅撒けり     大西トヨ子


    ☆次回「明石句会」のご案内

     日 時・・2月6日 午後2時より

     場 所・・ 明石男女共同参画センター7F2


    古澤厚子さんが、「明石城公園」の写真と解説を送ってきてくださいました。
    「明石城公園」
    1月の明石句会は会場の都合で明石城公園の中にある会議室で行われました。
    城址には坤櫓と巽櫓が残っています。本丸跡は多種多様な鳥の宝庫で探鳥会が度々開催されています。初夏にはあおばずくの一家にも会えるのです。外濠の鴨の群等公園内は市民の憩いの場になっています。
    (古澤厚子さん記)

    akashi1.JPG


    akashi2.JPG


    akashi3.JPG

    鴨たちは日向ぼっこをしてるのかな?かっわい〜い!

    坤櫓と巽櫓、どちらも天守閣のような風格がありますね。

    厚子さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode