<< 「関西句会」(第159回) | main | 「京都吟行句会報」(第83号) >>

1月26日(火)「大津・本丸句会」

0

     「大津・本丸句会」(第41回)

    ☆1月26日(火)「大津・本丸句会」が開かれました。
      一村葵生さんから「句会だより」が送られてきましたのでご報告します。
     
     
          少年へ飛べり少女の雪礫           田島和生
     
          凍河や爪立ち走る黄鶺鴒           田島和生

     
    ☆ 田島和生主宰 選 (◎印特選)
     
    ◎ 若きらの艇滑り行き初霞               熊村あけみ

    ◎ 麦の芽やおほらかに畝曲がりをり   安藤照江

    ◎ 病棟に靴音高き寒九かな              北嶋八重

    ◎ 端山より緩む雨脚冬木の芽            西村千鶴子


    冬嵐枝折戸きしみ寝つかれず           竹内悦子
    悴む手握り再会喜ぶ手                   筧 ゆき
    初釜に足腰きしむにじり口               山本和生
    眠る児を抱きて家族の初写真           沢田清子
    つくばひの氷の解けず夕灯              竹内悦子
    抱き上げてもらひ福笹受け取りぬ      筧 ゆき
    畝に雪重ねて縞の棚田かな              吉田 孟
    夜半の雪飛ばされ庭に吹き溜まり      竹内悦子
    垂直に一歩を下ろす雪の道              前田かよ子
    入り舟の櫂の軽さや冬の凪              西村千鶴子
    残月の輪郭滲む雪催                      馬場千香子
    遠山のゲレンデの灯や祭めき           一村葵生
    運筆の力漲り筆始                         筧 ゆき
    新雪に犬の足跡えんえんと              沢田清子
    凍雲の渺々として去り行かず           熊村あけみ
    枯蓮の突き差す如し濁り池              北嶋八重
    丸ごとの白菜を餌にほろほろ鳥        馬場千香子
    逃げし犬捜せど冬の野面かな          一村葵生
    茅葺きの里の氷柱の太きかな          青木陽子
         

    ☆これからの句会のご案内   10時30分より  
      
       2月23日(火) 大津生涯学習センター   301号室
       3月23日(水) 大津生涯学習センター   301号室
       4月26日(火) 大津生涯学習センター   301号室 
       5月24日(火) 大津生涯学習センター   201号室


     一村葵生さんが、東近江市「木村古墳群」の写真と解説をお送りくださいました。
      以下にご紹介します。

    <木村古墳群>
     滋賀県の旧蒲生郡蒲生町(現東近江市)に木村古墳群と呼ばれる二つの古墳があります。
     一つは方墳の天乞山古墳、もう一つは円墳の久保田山古墳です。いずれも五世紀頃のもので誰の墓かは不明のようです。平成になって整備復元されました。わたしの知るかぎり県内でこれだけ大きな古墳は見たことがありません。近くには山部赤人、額田王が住んだと言われるところもあります。
    (一村葵生さん 記)


    1.jpg


    2.jpg


    3.jpg


    4.jpg


    5-2.jpg


    豪族のものだったのでしょうか。本当に立派な古墳ですね

    葵生さん、貴重な史跡のご紹介をありがとうございました!

     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode