<< 「京都吟行句会報」(第84号) | main | 3月13日「京都あけぼの句会」 >>

3月5日(土)「雉 明石句会」

0

    ☆3月5日(土)明石生涯学習センターにおいて「明石句会」が行われました。  
       古澤厚子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。


     ☆中野はつえ特選

        早春のせせらぎ殊に音高し           柴田恵美子

          7句投句7句互選

       城郭の木々の揺らぎて芽吹き初む    中野はつえ
       園長の鬼へ泣き泣き豆を投ぐ           中野はつえ
       叩く手に鳴き龍応へ寒戻る              柴田恵美子
       如月の鳥影移る雑木山                   柴田恵美子
       初蝶の今日の日ざしに舞ひ来る        前島ゆき
       海峡のにわかに曇り春浅し              前島ゆき
       白椿ビルの狭間の淀の墓               古澤厚子
       白く浮く横断歩道街朧                    古澤厚子
       早春や螺旋で下りる高速道             藤原幸子
       木漏れ日に城主の墓や梅香る         藤原幸子
       そよ風や枝に巣箱の傾きぬ             大西トヨ子
     豆撒きや護摩の白煙もうもうと      大西トヨ子


    ☆次回「明石句会」のご案内

         日 時・・4月2日 午後2時より

         場 所・・明石生涯学習センター


    古澤厚子さんが、淡路夢舞台の蘭展の写真をお送りくださいました。
    「本当に猿の顔と思いましたよ。」というコメントも。


    ran3.jpg


    ran2.jpg


    ran1.jpg

    確かにサルの顔のように見えますね。

    これが話題の「モンキー・オーキッド」という蘭なのでしょうか♪

    厚子さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode