<< 「京都吟行句会報」(第86号) | main | 「関西句会」(第163回) >>

5月7日(土)「雉 明石句会」

0

    ☆5月7日(土)明石生涯学習センターにおいて「明石句会」が行われました。 
        古澤厚子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。

    ☆中野はつえ特選
        
     はと笛をホーと鳴らせる暮春かな     柴田恵美子
     
    7句投句7句互選
     鯉の跳ぶしぶきに光る苔の花       中野はつえ
     差し潮の川面に揺るるおぼろ月      中野はつえ
     子雀に草ふかぶかとありにけり      柴田恵美子
     朽ちかけし女神の座像新樹光        柴田恵美子
     ねんごろに傘差し掛けて大牡丹       前島ゆき
     来客を送りて仰ぐ朧月            前島ゆき
     霊泉へ小暗き道や濃山吹         古澤厚子
     川縁に廻らぬ水車夏来たる        古澤厚子
     山藤の短き房や谷染むる          藤原幸子
     初燕午後の診療始まりぬ          藤原幸子
     女神像罅の面輪に春埃           大西トヨ子
     葉桜に鴉飛び込む城址かな         大西トヨ子

       
    ☆次回「明石句会」のご案内
     
          日 時・・6月4日 午後2時より
     
          場 所・・明石学習センター

     古澤厚子さんが、美山かやぶきの里の写真とコメントをお送りくださいました。
    先日京丹波の美山かやぶきの里に行きました。30軒余りの茅葺の家がやまふところに点在し、まさに日本の原風景という感じでした。昼食の山菜料理も美味でした。
    (古澤厚子さん 記)

    miyama1.JPG


    miyama2.JPG


    miyama3.JPG
     
    かやぶき屋根のお家、どこか懐かしい佇まいですね。
     
    鯉のぼりや水田がさらに郷愁をそそり、しみじみします。
     
    厚子さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode