<< 6月4日(土)「雉 明石句会」 | main | 京都あけぼの句会(6月) >>

「京都吟行句会報」(第87号)

0
     
     京都吟行句会
     
       ☆6月6日(月)「京都吟行句会」が行われました。吟行地は黄檗山萬福寺。
           小谷廣子さんから句会報をいただいたのでご紹介します。
     

    ★ 田島和生主宰 後日選 (◎は特選)
     
     ◎ 山門を入れば散り飛ぶ青松葉          安藤えいじ
     
     ◎ 勾欄(こうらん)の卍字くづしへ山の蟻  小谷廣子
      
      法堂の丸窓に見る松涼し         藤田侃也
      菩提樹の幹に花咲く瘤連ね       居相みな子
      抽んでて蕾二輪や鉢の蓮        大前美智子
      梅雨晴の光を返し布袋像         熊村あけみ
      樫の木に登り枝打つ萬福寺       大前美智子
      大寺の開 (かいぱん)かすめ夏つばめ 小谷廣子
      境内のところどころに蓮の揺れ     安藤えいじ
      扁額の隠元の書や緑さす        小谷廣子
      隠元の廟や老鶯鳴きつづけ       居相みな子
      蓮の葉の揺れて水玉ことにゆれ     一村葵生
      そよ風の抜けて涼しき大伽藍      藤田侃也
      開(かいぱん)の鱗の欠けて夏の風 居相みな子
      山の日にきらきら光るあめんばう    柴田恵美子
      扁額の剥落しるき沙羅の花       田子カンナ
      夏山を背に森閑と萬福寺         藤田侃也
      本堂へ参道真つ直ぐ桜の実        藤田侃也
      老鶯の鳴ける寿塔の背山かな      大前美智子
      菩提樹の花の盛りの香りかな      柴田恵美子
          滑らかに老鶯の声放ちけり       一村葵生
      うす暗き堂に尊者や若葉冷       熊村あけみ
      禅僧の言の葉聞きて涼しさよ      柴田恵美子
      切株に育つ実生の青楓         居相みな子
      梅雨旱うろこの欠けし大魚板      柴田恵美子
      回廊へ隠元豆の蔓の伸び         沢田清子
      大いなる布袋の腹へ緑さす       小谷廣子
      南天の花のこぼれて羽音かな      熊村あけみ
      
     
    【次回京都吟行句会予定】

      日  時       7月4日(月) 10時半
     
      集合地   近江神宮 楼門前
        
      吟行地   近江神宮界隈     

     
    北嶋八重さんが、梅雨晴間の萬福寺の写真をお送りくださいました。
    以下にご紹介します。

     
    萬福寺三門.JPG
     萬福寺三門
     
    開山堂.JPG
     開山堂
     
    天王殿.JPG
     天王殿
     
    回廊.jpg
     回 廊
     
    卍くずしの勾欄.JPG
     卍くずしの勾欄
     
    「卍くずし」という名前も然ることながら、デザインが何とも奇抜で面白い!
     
    さすが、中国出身の隠元さんのお寺ですね。
     
    八重さん、ありがとうございました。

     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode