<< 「大津・本丸句会」(第53回) | main | 京都あけぼの句会 第68回(2月) >>

1・2月「雉 明石句会」

0

    ☆古澤厚子さんから1・2月「明石句会報」が送られてきましたのでご報告します。

    ★1月 明石句会報
     
    中野はつえ特選
     
    胎の子に白き毛糸の帽子編む       柴田恵美子
     
    7句投句7句互選
    取り皿の鶴の飛翔や年新た         中野はつえ
    銀砂のごとき塩撒き弓始           中野はつえ
    おのころの島へ靄立つ初景色        柴田恵美子
    独酌の年酒に1日昏れにけり        柴田恵美子
    神戸港百五十年の初日受く          前島ゆき
    日当たりに椅子を移して毛糸編む     前島ゆき
    賞品のおもちゃ積まるるかるた会      古澤厚子
    林立のビルを影絵に初日の出       古澤厚子
    裏庭を出でて山裾若菜摘む         藤原幸子
    枝切られ背骨の如き冬木立         藤原幸子
    黒土の艶めく畝や葱太し          大西トヨ子
    さざれ石洗ふ上げ潮初景色        大西トヨ子
    やわらかき光を浴びてよもぎつむ      橘 なつみ
    夜更けてなを木枯のふきやまず       橘 なつみ
     

    ★2月明石句会報
     
    中野はつえ特選
           
    陽の光地上に満ちて春立り        橘 なつみ
     
    7句投句7句互選
    注連縄をクレーンで吊るす天満宮    中野はつえ
    初鏡傘寿の眉を描き足せり        中野はつえ
    寒明けの鴉声上ぐ雑木山         柴田恵美子
    含め煮の豆のつややか寒ゆるぶ      柴田恵美子
    あつあつの粥に割り入れ寒卵       前島ゆき
    突堤に白波くだけ寒の荒れ        前島ゆき
    御神木の梛へどんどの紙片かな     古澤厚子
    蔀戸の外は寒ばれ蔵の町         古澤厚子
    鈍色に淀みし川や鴨群るる         藤原幸子
    冬枯れの葦の間に間に鳥の影      藤原幸子
    沸々と煮込む根菜日脚伸ぶ       大西トヨ子
    魚跳ぬる池ふところに山眠る       大西トヨ子
    路地裏にちらほらさけりしだれ梅      橘 なつみ
    柄杓ごと氷張りたる庭の甕         橘 なつみ
     

    ☆次回「明石句会」のご案内
     
     3月4日 午後2時より 於:明石生涯学習センター
     

    古澤厚子さんが、西宮 大谷美術館の写真とコメントをお送りくださいました。
     西宮 大谷美術館
     雪の降る日、「日本画にみる四季のうつろい」と題した日本画コレクションを 観てきました。印象・大観・玉堂・上村松園等々美しく繊細な絵に魅了されました。残念ながら展示場は撮影禁止で松園の「蛍」のパンフレットを 写してみました。庭園も素晴らしく、蝋梅が満開、紅白の梅も咲き始めていました。
     (古澤厚子さん 記)

    otani.JPG


    otani2.JPG
     岡本太郎の「顔」の彫刻と水琴窟

    otani3.JPG


    otani4.JPG


    外は雪でも、中では春夏秋冬の風情を楽しまれたのですね。
     
    彫刻「顔」は「太陽の塔」の3つの顔より愛くるしい💛

    厚子さん、ありがとうございました! 

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode