<< 京都あけぼの句会 第74回(8月) | main | 「大津・本丸句会」(第60回) >>

7・8月「雉 明石句会」

0

    ☆古澤厚子さんから7・8月「明石句会報」が送られてきましたのでご報告します。

    7月 明石句会(第150回)
     
    ★ 中野はつえ 特選
     
    御供物に菊水煎餅夏祓      古澤 厚子
     
     7句投句7句互選
    外灯のともりて匂う栗の花      中野 はつえ
    日時計の先過ぎりたる夏燕    中野 はつえ
    梅雨鴉鉄路の砂利をつつきをり  柴田 恵美子
    波荒き淀川突っ切る夏燕      柴田 恵美子
    凌霄花蔓先廻る風ありて     前島 ゆき
    コウノトリ守り草刈りくり返す    前島 ゆき
    農小屋の軒を塒に夏燕      古澤 厚子
    枝先の細枝と化して糸とんぼ   古澤 厚子
    老鶯や飯場の錠の錆深し     大西 トヨ子
    短夜や語らひ尽きぬ旅の宿    大西 トヨ子
    かしましく電線にゐて夏燕     橘 なつみ
    車窓より見ゆる青葉や明石城    橘 なつみ
    木もれ日を揺らし涼風吹きぬけり 米村 陽子
    山門が額縁となり山若葉       米村 陽子
     

    8月 明石句会(第151回)

    ★ 中野はつえ 特選
     
    ひまわりの十万本の視線かな   松本 節美
     
     7句投句7句互選
    白南風や藻屑に混ざる瓶光る   中野 はつえ
    サイレンに犬の連れ鳴く大暑かな 中野 はつえ
    角帯の腰にさしある団扇かな    柴田 恵美子
    雑踏にまぎれ大暑の繁華街    柴田 恵美子
    古墳丘灼けて須恵器の白さかな  前島 ゆき
    酒蔵の白壁大暑の日を返す    前島 ゆき
    病む母の寝息やすらか団扇風   古澤 厚子
    真っ直ぐに芝に沁み込む驟雨かな 古澤 厚子
    石庭に落つる影濃し大暑かな     大西 トヨ子
    青田波羽をひろげて降りる鷺    大西 トヨ子
    収穫の夏野菜積みペダル漕ぐ    橘 なつみ
    電線の影もいとしや夏の道     米村 陽子
    夏雲を背に広げたる帆の白し   米村 陽子
    病床に家族の写真合歓の花     松本 節美
    ゲームセットホームは遠く雲の峰 松本 節美

     
    ☆次回「明石句会」のご案内
     
     9月2日 午後2時より 於:明石生涯学習センター
     

    古澤厚子さんが、彦根多賀大社の写真(8月4日)をお送りくださいました。
     
    hikone1.JPG


    hikone2.JPG


    hikone3.JPG

    夜になると万の灯が揺らぐのでしょうね。

    ぜひ一度訪ねてみたいです♪
     
    厚子さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode