<< 「大津・本丸句会」(第65回) | main | 京都あけぼの句会 第80回(2月) >>

「関西句会」(第182回)

0

    ☆1月28日(日)アネックスパル法円坂において「関西句会」が開かれました。
     古澤厚子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
     

    ◇ 田島和生主宰 後日選 (◎印特選)

    ◎ 六甲へ雲脚速き雪もよひ    中野はつえ
     
    ◎ 入り海の松の並木の淑気かな 小谷 廣子
     
    ◎ 初戎曲りてもなほ屋台の灯   大西トヨ子
     
    大寒の日のあはあはと石灯籠   柴田惠美子    
    塞き止めし水に群なす百合鴎   藤田 侃也
    下草に眠りて冬の黄蝶かな    安藤えいじ
    病院の窓に手を振る春隣     大西トヨ子
    明星の一つ煌めく淑気かな    柴田惠美子
    霙るるや春日の杜を鹿の群    徳永 絢子
    宵戎路地まで連ね屋台かな    大西トヨ子
    霜晴や朝日に鴉艶光り       柴田惠美子
    通院の坂に日の差す冬菫     徳永 絢子
    戎笹手提げ袋に乾びにけり    大西トヨ子
    逆立ちて鴨潜り合ふ水沼かな   徳永 絢子
    雪舞ふや大釜に焚く陀羅尼助   小谷 廣子
    しろがねの月残りけり初御空   小谷 廣子
    漢らの仕事始の手締めかな    古澤 厚子

     
    ☆「関西句会」のご案内
      
     3月25日 (日)1時半〜  於:「アネックスパル法円坂」
      
     一村葵生さんが「胡宮神社」の写真と解説をお送りくださいました。
     以下にご紹介します。
    <胡宮神社>
     残雪の胡宮神社(このみやじんじゃ)です。国道307号線沿いにあり、神社のすぐ下に名神高速道路が国道と交差しています。青龍山(せいりゅうざん)の巨石信仰が起源といわれる祭神は、多賀大社と同じ伊邪那岐命・伊邪那美命。もとは敏満寺(びんまんじ)の鎮守社であったので、敏満寺の境内であったといわれる場所に建立されています。敏満寺は聖徳太子開基の天台宗の寺院で、湖東三山と並ぶほどでしたが、戦国時代、織田信長による焼き討ちに遭い廃寺となって、神社だけが再建されました。 (一村葵生さん 記)
     


     


     


     

    残る雪へ降り注ぐ早春の日差し。

    凛とした空気が伝わってきます。

    葵生さん、ありがとうございました!

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode