<< 「関西句会」(第189回) | main | 京都あけぼの句会 第87回 (9月) >>

「大津・本丸句会」(第72回)

0

    ☆ 8月28日(火)「大津本丸句会」が開かれました。

      一村葵生さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
      作成担当は吉田孟さんです。

     
    ★主宰の一句
     
     白鷺とまがふ白浪涼新た   田島和生  
     主宰は琵琶湖の近くにお住まいで、湖の景を詠まれることが多い。広い湖に波が立ち波頭が崩れて白浪となる。その様を見ているとまさに白鳥が翼を広げ悠然と羽ばたくかのようである。この景を「白鷺とまがふ白浪」と端的に喩えられていて、調べもいい。爽やかな秋の琵琶湖である。
     もう一句。「秋曇人笑はせてひと逝けり」さくらももこの詞書きがある。
    (一村葵生)
     
     ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)

     ◎引く波の足裏くすぐり夏の果   熊村あけみ 
     
     ◎語り部の座布団薄き原爆忌    前田かよ子
     
     ◎盛り上る搾乳泡や今朝の秋    安藤照枝
     
     ◎青蜜柑城より明くる伊予郡    西村千鶴子
     
     固さうに軟らかさうに稲穂かな    馬場千香子
     わが息子便り無きまま秋の風    山田流水
     黄金虫指こぢ開けて逃げにけり   一村葵生      
     一掬の水透きとほる秋はじめ    西村千鶴子
     臥す夫の傍で遠雷聞いてをり    青木陽子
     子ら去りて夕べの窓の虫の声    熊村あけみ   
     一頭の祇園甲部の黒揚羽      吉田 孟
     病舎出で涙目隠すサングラス    筧 ゆき
     俤の先達二人迎へ盆          吉田 孟         
     稔り田や一枚ごとに色違へ      筧 ゆき      
     門先に小さき炎魂迎            熊村あけみ    
     樟脳の匂ふ引出し秋隣        青木陽子
     すすぎもの揺れてさやかな今朝の風 向平真由美  
     埋葬をするかに蟻が土を盛り    一村葵生         
     にごり湯や湯の香に酔へば月浮かぶ 山田流水
     淡海へ雲低く占む秋初め       馬場千香子     
     田草取る背の一途なり大落暉   安藤照枝     
     夕焼空翼破れし烏かな       一村葵生   
     仰向いて亀泳ぎゆく秋の川     山田流水
     開け放ち座敷の昼寝三世代     井上美恵子
     朝風に向かひて飛べり燕の子    熊村あけみ
     あららぎにかかるうす雲今朝の秋  西村千鶴子   

           
    ★ 大津本丸句会のご案内 
     10時30分〜12時30分
     
     10月23日(火)大津生涯学習センター 201号室
     
     11月27日(水)大津生涯学習センター 201号室

          
     鴨川と九条跨線橋(京都市南区)           
       

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode