<< 「関西句会」(第193回) | main | 京都あけぼの句会 第92回 (2月) >>

「大津・本丸句会」(第77回)

0

    ☆1月23日(水)「大津本丸句会」が開かれました。
     一村葵生さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
     作成担当は吉田孟さんです。

     
    裸木の影の地へ伸び交差せり    田島和生
     
    いつまでも風の離れず寒桜     田島和生
     

    ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)
     
    ◎藺を植うる田へふたたびの山の雨 西村千鶴子
     
    ◎大寒や火の贅尽くす登窯        安藤照枝
                              
    ◎大杉の身振ひ一つ雪けむり      安藤照枝  
     
     ◎懐に抱く子の笑まふ初えびす     向平真由美 

    買初は古書肆の詩集気まぐれに    竹内悦子         
    売られゆく蕾ほころぶ寒牡丹        阪本節子
    神苑の鴨のびのびと水脈を曳き      筧 ゆき   
    祖父祖母の齢を越ゆる雑煮かな    吉田 孟   
    寒晴やいつしか雲の夕茜         馬場千香子    
    旧友の口論嬉し新年会           三雲宏一               
    白煙にぱつと炎のどんどかな      吉田 孟       
    冬木立呼び合ふ声のよく通り         熊村あけみ
    海山のあふるる雑煮酒傾げ        筧 ゆき
    遠神楽やがて静もり暮るる比良     向平真由美            
    小鼓の乾く一打や能始           西村千鶴子
    検診を終へて小春の風を受け     青木陽子 
    瑞雲の広ごる湖や鳶の舞ひ      竹内悦子  
    初旅や駅の売子の深き礼          熊村あけみ    
    着ぶくれの路上生活者へ朝日      熊村あけみ   
    青空にふはり白雲冬木の芽       馬場千香子   
    新雪や白一色の点字本           青木陽子 
    捨て甕をあふるる雨水寒の入     西村千鶴子 
    草木染めの色を探して落葉踏む    前田かよ子
    茶釜手に語る親爺や初弘法      向平真由美
    日脚伸ぶ仏間を開けて明るうす    竹内悦子
    見はるかす水平線や初景色         熊村あけみ
    恵方詣一斉に鳩飛び立てり         筧 ゆき 
    膳に着く母の形見の冬着きて        熊村あけみ
    静けさや凍て付く夜の無人駅     山田流水 
    雪見船比良の輝きましてをり     竹内悦子
    青黴の埃の散りて蜜柑かな        一村葵生
    新聞を二度三度読み冬籠       竹内悦子 
    折紙のゐのしし届く初便        筧 ゆき
    山眠る警策発止とひゞきけり     安藤照枝 

                
      吉田孟さんから「日牟礼神社」の写真とコメントが送られてきました。
      以下にご紹介します。    

      2月8日は「針供養」の日ということで回りを探してみました。近江八幡の赤いコンニャクで探してみました。寺や神社で探しましたが出て来ず、近江八幡のこんにゃく屋を見つけて電話で尋ねたところ、日牟礼神社に納品したと教えられ行って来ました。神社の中の分社の小社、恵比寿神社にありました。(吉田 孟さん記)
     
    近江八幡日牟礼神社      

    八幡堀

    参道の右側に各分社の小社が並びます。
     
    恵美須神社
     
    確かに赤い蒟蒻(横は一尺位かな)

    奉納された赤こんにゃく、針刺のようになって少し痛々しいですね。
     
    孟さん、あちこち探してくださってありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode