<< 6月8日「あけぼの句会」 | main | 主宰の英語俳句(7月) >>

6月23日 関西句会

0


     
    「関西句会」(第129回)


    ☆6月23日(日)アネックス・パル法円坂において「関西句会」が開かれました。1人の投句は5句、互選は7句でした。

     

     ☆主宰の一句
     

        玫瑰や能登は沖まで高曇      田島和生
       (はまなすやのとはおきまでたかぐもり)      

                                                            

     広大な景。近景には玫瑰の紅色が広がり、遠景ははるか沖まで空一面を雲が覆っている。遠近感と色の対照の妙。能登ならではの大景だ。
     今回の次の一句も素敵。泰山木の花を「白磁」に形容される主宰の発想に、脱帽。
         「泰山木咲くや白磁の如く割れ」

     


    ◇田島和生主宰選(◎印特選)

     

           ◎玫瑰や沖の雨雲広がり来              柴田恵美

     

           ◎寮歌碑の巨岩に沁みる緑雨かな          小谷廣子

     


           大荒れの卯波寄り来る雁木かな            小谷廣子
           万緑の中の号砲鳥たちぬ                鈴木逵子
           千年の神木に触れ涼みけり              古澤厚子
           百合の香に語るがごとき遺影かな          小谷廣子
           緑蔭の連理の樟や風わたる              鈴木逵子
           護国社の昼を灯して梅雨じめり            藤原幸子
           海人の家どくだみ臭ふ外流し             大西トヨ

           崖下の波うねりけり花海桐                松村節子
           保津川を下る小舟や青嵐               藤田侃也
           梅雨靄の晴れゆく空や姫路城             藤原幸子
           蓮の葉を傾げて鯉の背鰭かな             新谷亜紀
           噴水の天辺の泡もみあへり              伊藤由紀

           卯月波寄り来る賽の河原かな             小谷廣子
           逝き給ひ一日緑雨の降りしきる             柴田恵美

           山並の雲の切れ間や朴の花               中野はつ



    ☆ 「関西句会」ご案内
        
      日 時   7月28日(日) 午後1時半〜
      会場    アネックス・パル法円坂 8号室

      日時     8月25日(日) 午後1時半〜
      会場    アネックス・パル法円坂 7号室



      もりやま芦刈園(アジサイ園)
     ピンクの花火のような紫陽花。名前は「ダンスパーティー」と言うそうです。
      【撮影:北嶋八重さん】




     


    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode