<< 「関西句会」(第198回) | main | 京都あけぼの句会 第97回 (7月) >>

「大津・本丸句会」(第82回)

0

    ☆6月25日(火)「大津本丸句会」が開かれました。
      吉田孟さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。

     
     父の忌の浜風湿り合歓の花    田島和生
     
     遠雷の砲音に似て高曇       田島和生
     

    ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)

    ◎青田吹く風はどこまで遠浅間   小林和子
     
    ◎魚跳ねて川面きらめく柿若葉   井上美恵子
     
    ◎反転の鯰に淵の水匂ふ      西村千鶴子
     
    爪弾きの弦の余韻や夏灯       西村千鶴子
    幾度もカーテンコール夏芝居     小林和子
    梅雨空へいきなり開くジャンプ傘  西村千鶴子
    旱梅雨ましらの糞の深みどり    一村葵生
    ぽたりぽと実梅の落つる鈍き音  小林和子 
    寝室へ梅雨晴の風目覚よき    三雲宏一   
    紫陽花や玄関先の長話       井上美恵子  
    白百合や不意に思ふは遠き人  山田流水               
    子雀の鳴いて仏花の水を替ふ  西村千鶴子    
    夏帽子投げて泣きべそ母の胸  青木陽子
    酔ひ少し宿下駄履きて螢狩    竹内悦子
    青鷺の田守さながら動かざる   吉田 孟
    山門の甍を渡る夏の月       阪本節子           
    河童橋遠郭公の谺かな      安藤照枝   
    しののめの靄のかかりてトマト捥ぐ 筧 ゆき    
    絵団扇の風送りをり京の人    青木陽子    
    緑雨やみ扇開きの孔雀かな   安藤照枝   
    信楽の新茶売りをり荷を担ひ   熊村あけみ   
    茄子胡瓜半分づつの夫婦膳   向平真由美
    遠雷を耳に夕刊拾ひ読み     青木陽子 
    御手洗川に浸す水占青すすき  筧 ゆき 
    ためらひて花つむ少女夏薊    阪本節子
    白き卵咥へさまよふ蟻の群    熊村あけみ
    夢ぬちの友は少女や籘枕    筧 ゆき
    梅雨鴉吾が頭上へと尿放つ   青木陽子
    頭垂れ活けて三日の額の花   小林和子
    沙羅散りて光沢放つ苔の上    青木陽子
    歯を剥いて睨む不動や旱梅雨  筧 ゆき
    釣人の影かがよひて大西日    向平真由美
    ぐえっぐえっぐえっ眠りを破る蝦蟇のこゑ 向平真由美
    日焼け肌に長き黒髪颯爽と    山田流水
     
     
     吉田孟さんから、藤ヶ崎竜神からの琵琶湖の写真とコメントをいただきました。
     以下にご紹介します。
     ドラマチックな写真です。
     竜は古来より水神様として日本各地で祀られておりますが、滋賀は琵琶湖の竹生島ををはじめ、水の気配のするそこかしこで竜にまつわる神社がたくさん存在します。写真は長命寺港近くの藤ヶ崎竜神からの琵琶湖です。中央の日矢がまさに竜の如く、降臨し、天に登る景色ではと。
      (吉田 孟さん 記)
     
    日矢01 (002).jpg

     
    日矢02 (002).jpg

     
    日矢03 (002).jpg
     

    拡大して拝見しましたが、幻想的な美しさですね!

    確かに神々しい竜の姿のようで、思わず手を合わせました。

    孟さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode