<< 第17回「雉」全国俳句大会 in 京都 | main | 京都あけぼの句会 第101回 (11月) >>

「大津・本丸句会」(第86回)

0

    ☆10月22日(火)「大津本丸句会」が開かれました。
     井上美恵子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
     
     砂吸つて砂吐く真鯉秋まひる   田島和生
     
     こち見ては鼬はねゆく赤まんま  田島和生
     
    ☆ 田島和生主宰 選(◎印特選)
     
    ◎濃竜胆柳生の里は奥深し    中村良一
     
    ◎秋の日やアサギマダラが膝にのり 吉田 孟
     
    ◎晩秋の高原列車レタス畑    小林和子
     
    ◎秋祭神馬の尿の音たてて    竹内悦子
     
    ◎運動会子ら集まれば子の匂ひ  一村葵生
     
    亡き父の螺鈿細工に月の差し   井上美恵子
    色褪せし見送り幕に秋日差す   竹内悦子
    秋雨やまばたき一つ重くして     阪本節子
    蜘蛛の糸魚さながらに枯葉吊り  一村葵生
    菊の香や天守の鯱のかがやきて  安藤照枝
    交番の不在の札や昼の虫     筧 ゆき
    耳遠き父の居ませり棗の実     熊村あけみ
    秋日和古書の匂ひの神保町    西村千鶴子
    秋扇乙女のピアス揺らしをり    前田かよこ
    三井寺の鐘の響けり秋の風    竹内悦子
    草影にちらちらちらと秋の蝶    前田かよこ
    取り付きて高きに開く葛の花    熊村あけみ
    野に還る峡の畑や小鳥来る    筧 ゆき
    栗混ざる峠の茶屋の竈飯     小林和子
    野分晴比叡の襞のよく見えて   竹内悦子
    雨音のひと日止まざる愁思かな  熊村あけみ
    九十九折越えて山霧尚深し    青木陽子
    落鮎や尖る川音風の音       安藤照枝
    木の実降る祇王の墓の前後ろ   西村千鶴子
    蟷螂の翅畳まずに枯れゆけり   青木陽子
    衣擦のゆき交ふる廊菊日和    筧 ゆき
    落椎に踏みどころなき園城寺    西村千鶴子
    悉く西向く墓や草の花         中村良一
    さつまいも掘る園児らの声上がり 竹内悦子

     
    ★大津本丸句会のご案内
     
     会場:大津市生涯学習センター
     
     日 時:
        12月24日(火)303号室 10時30分〜12時30分
     
         1月28日(火)201号室 10時30分〜12時30分

     
    百万遍知恩寺2.jpg
      「秋の古本まつり」百万遍知恩寺(京都市左京区)
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode