<< 京都あけぼの句会 第102回 (12月) | main | 迎春 >>

「関西句会」(第203回)

0

    ★ 12月22日(日)小田北生涯学習プラザ(尼崎市)において「関西句会」が開かれました。
      井上基子さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
     
    ☆ 田島和生主宰選 (◎は特選)
     
    ◎ 雪吊のほどよきゆるび松匂ふ   小谷廣子
     
    ◎ とろ箱に海鼠貼り付く赤と青    井浪千明
     
    ◎ 氷魚の糶すぐに終りし港かな   竹内悦子
     
    大川の水尾とろとろと川普請      井浪千明
    柚子風呂の香に包まれて目を閉づる 井上基子
    雨の中透き通るごと冬桜        北嶋八重
    味噌搗やまくりし主婦の腕太き    安藤えいじ
    街路樹の木の葉飛び込む小鳥店   徳永絢子
    落語会大笑ひして年送る        北嶋八重
    須磨浦の凪の夕映え雪ぼたる    柴田惠美子
    臥せをれば無聊をいやす冬の鵙   原 万代
    梁に簪ふるる里神楽          小谷廣子
    小春日や身に馴染みたる母の衣   西村千鶴子
    凩や暗礁(いくり)の上を波とべり   小谷廣子
    鉄の爪浚ふる冬の川深く        徳永絢子
    唐突に獅子の咆哮園冴ゆる     柴田惠美子
    溶岩(らば)原のくぼみかかよふ霜柱 小谷廣子
    巡回の巡査に蹤きて雪ばんば    徳永絢子
    吾を見てにらむ仁王や冬寒し     山田流水
    三井寺の朝は鶲の地鳴きから     西村千鶴子
    窓いつぱい眩しきまでに柿吊るす  中野はつえ
    師と交はす一献ごとの年の暮     山田流水
    バスを待つ波止場の小屋や隙間風  北嶋八重
    きらきらと宵の明星おでん酒      柴田惠美子
     
    ★関西句会案内
     
     日時:2020年1月26日(日)午後1時半〜
     
     会場:小田北生涯学習プラザ(尼崎市)
          ↓
      https://odakita-plaza.com/about.html
     

    ☆ 北嶋八重さんが、歳晩の京都の写真とコメントをお送りくださいました。
      以下にご紹介します。
    <京都・四条大橋界隈の歳晩>
    鴨川の水面にはゆりかもめが群れをなし、南座には顔見世のまねきが上がり、京都の歳晩らしい雰囲気を醸しだしています。
              (北嶋八重さん 記)
    1.JPG

     
    鴨川のゆりかもめ.JPG2.JPG
     鴨川のゆりかもめ
     
    南座.JPG3.JPG
     南座
     
    顔見世のまねき.JPG4.JPG
     顔見世のまねき
     
    出雲阿国像.JPG5.JPG
     出雲阿国像

    冬晴の空が目にしみ、しみじみと歳晩の感慨にひたれますね〜。
     
    八重さん、ありがとうございました!
     
    みなさん、どうか良いお年をお迎えください。
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode