<< 迎春 | main | 「関西句会」(第204回) >>

「大津・本丸句会」(第88回)

0

    ☆12月24日(火)「大津本丸句会」が開かれました。
     向平まゆみさんから句会報が送られてきましたのでご報告します。 
      
    みづうみの遠(をち)を白波冬ざくら  田島和生
     
    狛犬の大口へ網冬の蜘蛛       田島和生
     
    ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)
     
    ◎ゆつくりと浮きて落葉に触るる鯉  馬場千賀子

    ◎氷魚汲むや比良の頂よく見えて  西村千鶴子

    ◎よどみなく水湧く音や漱石忌    青木陽子

    ◎冬至南瓜刃の入れどころ探すなり 熊村あけみ
     
        木之本宿
    琴の糸綯(な)ふや時雨るる脇街道 西村千鶴子
    ポインセチア胸の榾火のなほありて 竹内 悦子
    水音のして水鳥の水脈のこる     熊村あけみ
    極月やブルーシートの屋根あまた   西村千鶴子
    喜寿の夫祝ふ親族(うから)や冬薔薇 竹内 悦子
    祖父母ゐて父母のゐませし報恩講  小林和子
    冬菊の風ぐせのまま枯れにけり   中村良一
    冬菜洗ふ水の光をあふれしめ    熊村あけみ
    枯尾花日は燦爛と入りにけり    一村葵生
    極月の水尾の二筋湖の鳥         阪本節子
    冬日没るメタセコイアの長き道   山田流水
    白川の花街をゆく師走かな       阪本節子
    朝市のひときは赤き飛騨の蕪   筧 ゆき
    諍ひは一言控へ煤払               向平まゆみ
    丹波路の山里に照り木守柚子   馬場千賀子
    田に跳ねて田鳧真白き羽裏かな 馬場千賀子
    裸火に手を翳したる年の市    青木陽子
    靴底に落葉ふかふか並木道    熊村あけみ
    子別れに泣かす役者や京師走  阪本節子
    寒雀檜皮屋根から零れをり    馬場千賀子
    電柱の灯りの暈や雪しんしん   中村良一
    大空に伸びに伸びけり冬木立  小林和子
    川岸にまだ紅残る櫨紅葉      三雲宏一
    百の柚子一番風呂を一人占め 安藤照枝
    湯豆腐や休肝日なき夫のゐて 筧 ゆき
    手編ケット母の匂ひに顔埋む  向平まゆみ
     年の瀬やブルーシートの屋根の数 一村葵生
    ふくろふの啼くや通夜の灯ゆらぎをり  青木陽子
    神官の振る袖口の寒さかな    向平まゆみ
     

    ★大津本丸句会のご案内
     
     会 場:大津市生涯学習センター

       日 時: 1月29日(水)201号室 10時30分〜12時30分
         
          2月26日(水)201号室 10時30分〜12時30分

          3月24日(火) 201号室 10時30分〜12時30分
     

    yurikamome.jpg
     瀬田川岸に集まるゆりかもめの写真 【撮影:向平まゆみさん】
          
       

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode