<< 「関西句会」(第204回) | main | 「関西句会」(第205回) >>

「大津・本丸句会」(第89回)

0

    ☆1月29日(水)「大津本丸句会」が開かれました。
     向平まゆみさんから句会報が送られてきましたのでご報告します。
     
      
    船溜手に乗る程の鳰(にほ)浮かぶ  田島和生

    白山の片面へ入日大枯野        田島和生

          
    ☆ 田島和生主宰 後日選(◎印特選)
     
    ◎山眠るその奥山の日当りて    一村葵生

    ◎板壁に古りしメニューやのっぺ汁 筧 ゆき

    ◎涌くごとく鳶舞ひたる寒暮かな   熊村あけみ
                                  
    お辞儀せる幼の周り淑気かな    小林佳月
    左義長や太古のままの火を畏れ  松岡和子
    北颪真正面に湖の鳥               中村良一
    山茶花の散るや余白の苔の色   西村千鶴子
    寒餅を搗いて丸めてひと日かな  松岡和子
    牡蠣舟へ下りる二三歩灯の小さく 熊村あけみ
    枯蔓を引けばねじれの力かな   中村良一
    旅ごころくすぐる駅や春隣       竹内悦子
    読み聞かせせがむ幼や春隣      小林佳月
    廃屋の庭そのままに寒椿         青木陽子
    大寒や火の轟々と登り窯         安藤照枝
    しぐるるや鳶の輪を描く雲の下  馬場千賀子
    朝練の足音響き山眠る            前田かよ子
    つくばひに淡き日の差し実千両  筧 ゆき
    あふるるほど備前の壷に水仙花  阪本節子
    川底の石の白々寒旱               一村葵生
    ラカンパネラ聴くや出窓へ寒の月 安藤照枝
    酒蔵の浮き立つ家紋冬の月      青木陽子
    水鳥や灯遠く湖暮るる             西村千鶴子
    桟橋に貸舟舫ひ水温む            筧 ゆき
    逝く友を送るコーラス冬すみれ   向平まゆみ
    山腹のお百度道や帰り花         一村葵生
    初晴や神泉の鯉浮かみたる      熊村あけみ
    川岸を歩け歩けの去年今年      三雲宏一
    真夜中や皮ジャンバーの訪問医  青木陽子
    パプリカの中のうつろや風邪心地 青木陽子
    ゆるき坂上り寺跡初日受く            馬場千賀子
    大寒の峡の七軒音もなき         松岡和子
    萌黄色の服を用意し春を待つ   竹内悦子
    寒木瓜の朱に日のとどく二年坂  西村千鶴子
    遠ざかる祖母のおもかげ負真綿  向平まゆみ
    仏飯を高々と盛る寒日和          阪本節子
    取らず置くをさなの得手のかるた札 熊村あけみ


    ★大津本丸句会のご案内
     
     会場: 大津市生涯学習センター
     
       日時: 2月26日(水)201号室 10時30分〜12時30分
     
         3月24日(火)201号室 10時30分〜12時30分

         4月28日(火)201号室 10時30分〜12時30分


    ☆ 向平まゆみさんが、「菜の花畑」の写真とコメントをお送りくださいました。
        以下にご紹介します。
    比良山を背景に広がる菜の花畑
     滋賀県守山市の第一なぎさ公園に咲く「寒咲花菜」という早咲きの菜の花です。
     琵琶湖の向こう岸に広がる冠雪の比良山系とのコントラストが素晴らしいのですが、今年は、なかなか雪の比良を見ることができませんでした。
                   (向平まゆみさん 記)
    菜の花と比良.jpg

    見事な菜の花畑ですね!
     
    一気に春がやってきたようで明るい気分になります♪
     
    まゆみさん、ありがとうございました! 
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode