<< 「大津・本丸句会」(第89回) | main | 「大津・本丸句会」(第90回) >>

「関西句会」(第205回)

0

    ★2月23日(日)小田北生涯学習プラザ(尼崎市)において「関西句会」が開かれました。
     井浪千明さんから句会報が送られてきましたのでご報告します。

    ☆ 田島和生主宰選 (◎は特選)
     
    ◎ 囀や一番高き樹に寄りて      竹内悦子
     
    ◎ 春潮に投網のしぶききらきらす  井浪千明
     
    ◎ 日当れば紅梅ぽつと艶めきて   竹内悦子

    芽柳の木末(こぬれ)かがよふ日照雨かな 小谷廣子
    春立つや生簀の魚立ち泳ぐ      中野はつえ
    島の灯の遠き点滅春寒し       井浪千明
    早春の鷺白々と吹かれをり      柴田惠美子
     相楽神社
    餅花の千の毬揺れ巫女の舞      小谷廣子
    北窓開きみづうみの風通しけり    竹内悦子
    雪解の風や組み干す茶筅竹      小谷廣子
    古民家や幽かに梅の匂ひ来る     井上基子
    しだれ梅縺れ雨粒こぼしけり     井浪千明
    参道に表裏あり梅探る         中野はつえ
    黒雲の切れて魞挿す小舟かな    小谷廣子
    ゆつたりと泳ぎ来る鯉水温む     安藤えいじ
    君に似し姿に迷ふ春の宵       山田流水
    一面の青菜を打てり春霰       柴田惠美子
    カンバスに絵筆走りて風光る     安藤えいじ
    白梅や雲とどこほる千木の空     井浪千明
     

    ★関西句会案内
     
     3月「関西句会」は、 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止となりました。
     

    ☆ 北嶋八重さんが、ご実家伝来の貴重なお雛様の写真とコメントをお送り
    くださいました。以下にご紹介します。
     雛壇は祖母の、御殿雛は母の、夫婦雛は伯母のもの、何れも明治時代の作です。吊し雛は、10年程前の姉の手作りです。夫婦雛は、伯母が嫁入り道具に持参したのですが、最近、100年ぶりに里帰りして飾られるようになりました。
     毎年、奥座敷に飾られている実家の雛人形ですが、京都西陣より絹屋佐平治が丹後に絹織物の技術を伝えて以来300年に当たる今年は、「丹後ちりめん回廊」が日本遺産に認定されたのを機に、玄関の間に飾り皆さんに見ていただいているようです。
     
      箱ぬれて母の国より雛届く   田島和生
     
          故郷の加賀から娘に雛を送って来た。雪国から届いた箱は少し濡れて
          いたが、目を見張るような美しい雛人形だった。

                  「田島和生集」俳人協会 自註現代俳句シリーズより
     
                              【北嶋八重さん 記】
    雛人形.jpg

     
    DSCF0005お雛様[2].jpg

     
    夫婦雛 (003).JPG

    拡大して拝見しましたが、ぞくぞくするほど神々しい!
     
    雛壇の少し動きがあるお姿も華やかですね。
     
    八重さん、ありがとうございました!
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode