<< 「関西句会」(第205回) | main | 「関西句会」(第206回) >>

「大津・本丸句会」(第90回)

0

    ☆2月26日(水)「大津本丸句会」が開かれました。
     向平まゆみさんから句会報が送られてきましたのでご報告します。 
      落つる日や春鮒釣の舟に立ち      田島和生
     
      みづうみが見えてふらここ高くなる  田島和生
     
    ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)
     
    ◎冬枯や牧に干乾ぶ牛の糞   安藤照枝

          安土城址
    ◎虎口(こぐち)より入ればあまたの落椿 一村葵生
     
    ◎海原へ開く湯治場椿咲く    熊村あけみ
     
    ◎散り際のことに際立ち梅香る 馬場千香子
     
    ◎桃の花人形塚に雨の降る   青木陽子
     
    紅をひく東の空に春の月       山田流水
    わらび餅きな粉に咽せる幼かな   青木陽子
    船待つや雁木を覆ふ春の雪     安藤照枝
    来て見れば瀬田の唐橋夕霞     山田流水
    比良はまだ頂白く田を鋤けり     青木陽子
    如月の雪に湖北の静もれり      向平まゆみ
    うすうすと窓辺明け来る春近し    馬場千香子
    一山をどよもし行けり春疾風     熊村あけみ
    きりんの目空を見上げて春時雨   前田かよ子
    山祇(やまつみ)へ道ひとところ菫草 西村千鶴子
    波先の尖り猛るや北颪         中村良一
    昃(ひかげ)れば名のみの春やストレッチ 中村良一
    早春や走者の道の照り返る    三雲宏一
    早春の吹き流し舞ふ舟着場    三雲宏一
    りぼん添へバレンタインの芋焼酎 向平まゆみ
    残雪の畦に金肥の袋積み     青木陽子 
    比良八荒湖へ傾げる松並木    熊村あけみ
    中庭へ謡の復習(さら)ひ梅月夜 一村葵生
    湖へ音無き流れ座禅草         向平まゆみ
    芽柳や五位鳴き渡る堅田の津   西村千鶴子
    焼牡蠣のぱちつと弾けてのけぞりぬ 安藤照枝
    宛先の滲む速達多喜二の忌    筧 ゆき
    アネモネや膨らみはじむパンケーキ 西村千鶴子
    春の日の辞職の決意スーツ買ふ  前田かよ子
    ピアノ曲何度もさらふ児麦青む   安藤照枝 
     

    ★大津本丸句会のご案内
     
     会 場: 大津市生涯学習センター
        
     日 時: 3月24日(火)201号室 10時30分〜12時30分

          4月28日(火)201号室 10時30分〜12時30分

          5月26日(火)201号室 10時30分〜12時30分
     
    信楽.jpg
     「信楽の登り窯」(今は使われていない)【撮影:向平まゆみさん】 
     

    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode