<< 「関西句会」(第209回) | main | 「関西句会」(第210回) >>

「大津・本丸句会」(第94回)

0

     

    向平まゆみさんから、6月「大津・本丸句会」(通信句会)
    の句会報が送られてきました。以下にご報告します。

     

    ☆ 田島和生主宰選(◎印特選)  

     

    ◎間欠泉高々と噴き五月晴    安藤照枝

     

    ◎コロナ禍や切りなく降りて夏落葉 馬場千香子

     

    ◎萍や堅田の浦の舟溜            西村千鶴子

     

    ◎吊り橋の揺れて小走り青時雨   一村葵生

     

      

    日吉(ひえ)社への近道昏し夏椿 西村千鶴子

    見上ぐれば光る甍や夏の雲       山田流水

    燕の巣仰ぐ吾が頭に糞落とす      安藤照枝

    一輪のどくだみを添へクリスタル  前田かよ子

    山寺の小さき本堂青葉木菟         松岡和子

    山寺の石段占むる著莪の花         前田かよ子

    麻縮母のひと世を思ひをり           熊村あけみ

    口あけて我に我にと燕の子           山田流水

    老鶯のひねもす啼きて峡深し      向平まゆみ

    峠道三光鳥の声の降り         熊村あけみ

    はたた神閨の隅まで照らしけり    筧 ゆき

    欅若葉びつしり空を覆ひけり       一村葵生

    実梅もぐ巫女の腕のいと眩し       青木陽子

    馬鈴薯の花仄白き夕べかな    小林佳月

    野良猫(のら)の餌を鴉掠める朝曇  熊村あけみ

    雨近く突如高鳴き雨蛙          山田流水

    万緑の沖島を発ち定期船           西村千鶴子

    じんじんと頭痛のしたる梅雨入かな 井上美恵子

    病院に検温の列若葉冷      安藤照枝

    抜く足の泥美しき田植祭      熊村あけみ

    山陰の水辺に沿へり杜若     阪本節子

    手術日の決まりし母の髪洗ふ   筧 ゆき

    梅雨晴間水槽洗ひ亀洗ひ          馬場千香子

    寝返りや裸の稚の蒙古斑      青木陽子

    薫風や空へ高々足場組む      西村千鶴子

     

     

    ★大津本丸句会のご案内

        

     日時:  7月28日(火) 303号室 10時30分〜12時30分 
        

                 8月25日(火) 303号室 10時30分〜12時30分
     

          9月22日(火) 303号室 10時30分〜12時30分

     

      会場: 大津市生涯学習センター

     

     

    ☆ 向平まゆみさんから「日吉東照宮」の写真とコメントをお送りいただきました。

      以下にご紹介します。

      写真は、大津市坂本の日吉東照宮です。社殿は権現造りの発祥とされ、日光東照宮に先立ち、その原型になったとされています。明治以前は比叡山延暦寺が管理していましたが、明治時代の神仏分離令により日吉大社の管理となっています。  

    (向平まゆみさん 記)

     


     

     


     

     


     

     


     

     

    歴史を感じさせる宮社ですね。

     

    鄙びた極彩色に、往年の華やぎが想像できます。

     

    まゆみさん、ありがとうございました!

     


    コメント
    コメントする









    リンク
    プロフィール
    カレンダー
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    最新の記事
    カテゴリー
    月別更新一覧
    コメント
    サイト内検索
    others
    携帯用QRコード
    qrcode